NOU_dialogue: 農業に関連すること

2012年02月13日

今日は雨

なんで・・引っ越してきてから、まったーっく手を着けていなかった『長屋門』の納屋の大片付けをしました。

というのも、今週新たに「ニューヒーロー」が納品されるので、それを格納するスペースを作ろうと思ってまして・・・

いやぁ、オーナーさんの故旦那さんが農家だったんで、色々とごちゃごちゃと物が溢れかえっていました。 中にはガラクタのような物が満載でした。(かなり物持ちがいい方だったんでしょうね)

もう使わないだろうと思われる物は、この際バッサリと捨てて、おいといた方がいいかなぁ〜っと思われる物は集めて、奥にしまいました。
結局まる一日かかってしまった・・

IMG_2094.jpg
いやぁ〜どっから片付けようあせあせ(飛び散る汗)

IMG_2096.jpg
片付けて、スポットライトを付けてみると、なんとなぁ〜くオシャレな感じに

IMG_2104.jpg
配管部品、ネジ・ナット・ボルト、工具 使う頻度の多い工具は壁に各々吊るしました。

せっかくなんで、機械類の置き場所だけではなく、工具類や資材類の保管場所にもしてみました。
雨の日もこういうことが出来るので、いいもんですなぁ〜。

だいぶ寒さも緩んできたし、雨で水分補給もできたので「我が野菜たち」よ、早く大きくなれっと思いつつ・・今日はこの辺で〜手(パー)
posted by Paradox at 17:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 農業に関連すること

2012年01月26日

一日の終わり

こんばんは〜
寒い、寒いもうやだ〜(悲しい顔)

人間も寒いですが、野菜も寒い今日この頃です。
最近の私の一日は・・
家周辺で、レタスたちの苗の管理・ピーマンたちの苗の管理・タマネギ苗を処理・イチジク園の整理・・・などを終えて午前中までに当日出荷のレタスを収穫。
昼から出荷梱包をして、レタスの定植・防寒対策・・

ってやってると、いつの間にか5時過ぎで日の入り晴れ

っという一日が過ぎていってます。
その他に来客、打合せ、農機メーカーや農家へ訪問、買い物等などで何かと色々と用事が入ってきてます。

IMG_2064.jpg
一日の終わりに軽トラで帰ってくると、コロが出迎えに来てくれます。そういえば荷台に乗せたことないなぁ〜とフッと荷台に乗せてみると、なんとなく気に入ってずっと荷台でボ〜っとしてました。どこ見てるの??

そんな一農家の平凡な一日でした。
では、今日はこの辺で〜
posted by Paradox at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業に関連すること

2011年12月14日

不思議な忘年会

こんばんは〜

一昨日「隣の八百屋さん」宅で忘年会がありました。
合鴨農法で稲作をしている花岡氏が持参された「合鴨」鍋でした。

鴨は私は苦手な肉だったんですが(獣臭が苦手であせあせ(飛び散る汗)) ここの鴨は臭みがなく脂身にスゴくコクがあって絶品でした。

さて・・
参加者は、有機農法・自然農法をされている農家さん5名と八百屋さん、Oさん一家、自然食品販売の人・・と私で10名ちょっとの大人数でした。

鴨もそうですが、有機系農家さんも正直少し苦手だったんですが、ここに集まっている人々はそうでもありませんでした。(少し偏った思想で、自分たち以外の農法を真っ向否定する論法の人が多いのでたらーっ(汗)

中にはなかなか骨ばった固い信念の若い子もいましたがダッシュ(走り出すさま) まぁその辺はご愛敬で・・

まぁ私は飛び入り参加だったんで、よくは分かりませんが彼らは何かグループめいた物を作りたいそうです。
自分たちの生産した物をグループで販売していこうとしてるのかな??

普段は私が付き合っているのはいわゆる「慣行栽培」をされていてJAなどを主体に販売されている農家さんがほとんどなんで、こういう会に飛び入り参加するのも面白かったですね。

農法はどうあれ、既存販売ルート(JAなど)に頼らず、自分たちの二本の足で立って頑張っていこうとされている人たちを見るのは、頼もしいというか嬉しいことではありますね。

では、今日はこの辺で〜
※今月はブログ更新強化月間exclamation 目指せ月更新数12exclamation×2
posted by Paradox at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業に関連すること

2011年11月30日

兵庫県農村青少年技術交換大会 兼 青年農業者会議

こんばんは〜
2011年も残り後1カ月exclamation×2 今年も早すぎる1年でした。。。

さて、タイトル。昨日この『技術交換大会』なるものに遥か「養父市」まで行ってきました。
我が「洲本市農業青年会議」の代表として、私が今年は今大会で発表してきたわけですね。

お題目はずばり「ジャンボニンニクの収益向上を目指して」・・っです。

このプレゼン資料は南淡路農業改良普及センターの青年会議担当さんに大変助けてもらって作った資料なので、「管理者製」っとはいきません。(ありがと〜ございます。Tさん)

途中経過はさておき、結果は最高の「知事賞」はもらえませんでしたあせあせ(飛び散る汗)
まぁ、これをもらってしまうと、近畿大会→全国大会へ出場しなくてはならないので、私のような零細百姓は落ちて良かったかなぁ〜っと密かに胸をなでおろしていますふらふら

この大会で、実は講演がありました。
「養父市?でパン屋さんを営んでいるお母さんのプロのいろはについて」・・まぁ辛口コメントで申し訳ありませんが、経営に関する理論は実に「あいまい」で、農業NBA(これはアメリカのNBAを模倣してるんでしょうね・・)を取得されて「女性農業士」なる、私自身その存在についてまった〜く知らなかった資格を持っておられるそうです。
(これはまた、公共の仕分けの対象になりそうな臭いのする事業っぽい)

「あいまい」というのを具体的に言うと、経営目標の立て方について、全く説明がなく「年間1000万の売り上げを上げたいなら、それを12で割ると月の目標がはっきりします。このように細分化しましょ〜」・・っといった内容。「自分の現事業規模と理想とする売上を勘案して、売上目標を設定していかなければならない」わけで、「どうやって年間売上の目標設定をするのか!」という、講義をするべきかなぁ〜・・と心の中で思ってました。

まぁ、それは置いといて、サンプルで持ってこられていた「パン」はなかなか滋味があっておいしかったので、そういうNBA的な小難しい理論や少し的外れな講義内容はさておき、この講師の方が「おいしい物を作られている」から、それなりに経営がうまくいっているのかなぁ〜っとひとりごちた管理者でした。。。

いやぁ〜それにしても、世の中には一般人が知り得ない「組織」や「大会」や「資格」・・がありますねたらーっ(汗)

IMG_2100.jpg
講演中の会場 この公演中にプレゼンの審査が行われています。

では、今日はこの辺で〜わーい(嬉しい顔)
posted by Paradox at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業に関連すること

2011年11月21日

色々やりたくなるねぃ・・

こんばんは〜

いよいよ寒くなってきました。
今日は風もあり特に寒く感じています。

今日は雨上がりなんで、あまり作業的にも多くはできないので・・
1 玉ねぎの苗床の草引き
2 育苗ハウスの修繕やら、ビニールで覆う
3 コロと遊ぶ
4 レタスの出荷
・・etc.

っで昼過ぎにTELが。
某輸入種子会社の営業さんからでした。
「明日徳島に行く用事があるので、会えませんか??」
あいにく用事があったんで、お断りしましたがその後色々と話をしました。

彼からは『藤原野菜栽培研究所』の試験栽培用種子のサンプルを色々と頂いています。
その経過報告や、今後の栽培対策等など・・

っで、お勧めの品種を紹介してもらいました。
@ 今回のレッドコスレタスと同形状のグリーンコスレタス
A レビストロと同形状で赤いリーフレタス
B トリプルレッドを超えるクアルトレッド(これは今回のレッドコスよりもさらに濃い"赤")のオークリーフレタス

んん〜聞くと栽培したくなるあせあせ(飛び散る汗)
特に@とBは魅力的な感じですなぁ〜

今は8種類の試験栽培をしていますが、今お客さんに品種の絞り込みをお願いしています。
その結果で、半分程の品種に量産は持っていくつもりですが、また試験栽培は追加でやってしまいそうですねぃふらふら

まっいっか・・
っと呑気な管理者です。
では、今日はこの辺で〜ひらめき




posted by Paradox at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業に関連すること

2011年11月16日

TPPと農業政策について改めて考えてみる

こんばんは〜
今日はちょっと真面目〜な話を・・

最近特にTPPについて世間がにぎやかになっています。
一農家として、この問題を改めて考えてみます。

私の考え)
TPPに参加するかしないかは、この際どうでもいいと思っています。
もしするならば・・ 他の国同様、国内農業を保護する政策を取るべきだと思います。
よくこういった助成や保護について「数%の農業に対して、他の産業や人が損をするのはフェアじゃない」というようなことを言われたりします。

農業は「食」を生産する産業で、他の産業と全く同一線上で考えることはできないと思います。
これは、国防と同じで国策として、ある程度「食」の安全保障をしていかなければならないからです。数%の産業、数%の農業人口、40%足らずの自給率・・は国の農業政策(=食の安全保障政策)が失敗した結果だからと思います。

っで、具体的に海外の国の政策を覗いてみました。
フランスの例)
フランスのGDPは2.5兆ドル(日本は5兆ドル)でEUの農業保護政策(CAP)で、毎年100億ドルほどの戸別保障の為の助成金が下りてきています。(日本の戸別保障制度の予算は50億ドル)
その他の政策がどのような物かはわかりませんが、GDPが半分の国で倍の補助金ということは・・(少し乱暴な計算ですが)単純に日本の戸別保障制度の4倍は農家に支払われているということになります。
農業大国といわれるフランスの農業の実態は、こういうことなんですね。
逆に言うと、これくらい保護しておかないと先進国の農業は維持できなくなっているということですね。

一部の情報によると(これが正しいのかどうかは確かめてませんのであしからず・・)フランスの農家の所得は8割、アメリカでは半分・・が補償されているそうです。
一方日本では、3000坪の耕地面積で野菜栽培をしているとボーナス平均の半分ほどしか受け取れません(これはもう"所得補償"ではありませんよね)

っで、今回のTPPについて・・
開国するならば、それなりの国内農業の保護を他所の国のように準備しておかなければ、たぶん大変なことになるんじゃない??っと思います。

「他の産業はそこまで保護されてないでしょ!」「不公平!」ということであれば・・
確かに、ここまでの保護は無いのかもしれません。でも、かつて日本のお家芸といわれていた家電の「テレビ」は、激しい国際競争の末、もう日本では作ることが出来ない「家電」にほぼなってしまっています。淘汰されて、絶滅してしまってるんですね・・
このような感じに農業(ニアイコール食)もしてしまってもいいのかなぁ??
前述の保護政策をすでに取っている国や、元々全てが安い発展途上国などと関税撤廃して取引をすると、いくら品質がいいから(かつてテレビもそうでしたが)といって・・私は"一撃必殺"のような気がしまっす。。。

悩ましい問題です。
では、今日はこの辺で〜ひらめき

posted by Paradox at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業に関連すること

2011年10月12日

いちじく

こんばんは〜晴れ
今日もレタスの定植に明けくれた一日でした。
皆さんはいかがお過ごしでしょうか??

さて、今日は「いちじく」について、少し調べてみました。

いちじく-イチジク-無花果-Fig
クワ科の果樹で、花が咲かないように見えることから、漢語で「無花果」と言うらしい。
花軸が肥大化した「花嚢」と呼ばれる果実?の内部に無数に花をつける。
あのプチプチした食感は花だったんですね。

栄養的には・・
ペクチンと呼ばれる食物繊維が豊富で、腸の働きを活発にし、便秘に効果があるようです。
また、消化を助ける酵素を含んでいるので、お酒の後にも良いそうですね。
その他、喉の炎症を抑えたり、そもそもアルカリ性食品なので美容と健康に最適です。

ここ淡路島では、「一文字式」の栽培法を採用しています。
かくいう私もこの式で栽培してますよわーい(嬉しい顔)

通常ひとつの株に8〜10本程の枝を上に2m弱伸長させます。
ひとつの枝に20個程の実がなるので、一つの株で160〜200個の実がシーズン中に採れるわけですねぇ・・

完熟したイチジクは皮まで丸ごと食べれる食べ応えのある果物です。
よかったら、皆さんも食べてみてくださいねダッシュ(走り出すさま)

では、今日はこの辺で〜
posted by Paradox at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業に関連すること

2011年09月19日

情熱にんにくの出荷っと、種の到着。

こんばんは〜
さて、ご無沙汰していた情熱にんにく。
レストランさん向けで、沖物産さんににんにくを在庫することに。

2kgパックと3kgパックの2種類を小ぶりのダンボールに梱包。
我が「情熱にんにくシール」を貼り付けて完成。
IMG_1984.jpg

明日は休みにしてるし、早めに持ってくか〜っと思ってると、藤原野菜栽培研究所に頼んでおいたトレビスの種が到着。

まぁ配達の前に播種してくかぁ〜・・
っというわけで、今日はこの辺で〜ひらめき

posted by Paradox at 18:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業に関連すること

2011年09月08日

レタスが密かに始まってます!

こんばんは〜

タイトルの通り、今年もレタスの季節がやってきました。
今年はお客さんの要望もあり、リーフレタスの栽培もすることになりました。
グリーンリーフとサニーレタス。
まだ、需要量が少ないので、全体的にはほんの一部になりますが・・

今年は前シーズンの良かったこと、悪かったことを踏まえて品種を大幅に変えました。
極寒期の「プラノ」を軸に10月から4月まで頑張ろうかなぁ〜っと。

そこで、早速の改善点「育苗ハウス」の増設。
昨シーズンは一部ハウス、一部トンネルで育苗していましたが、トンネルでは温度が上がらず+水やりにいちいちビニールを上げ下げする手間があるのとで、不便でした。

っで、今回は少しお金をかけて従来のハウスの横に増設。
私の身長が180cmなんで、少し低いハウスですが、予算の関係で背の低いハウスとなりました。

さぁ我が農園のエースたちの季節です。彼らの頑張りで我が農園の経営が左右されるので、お互い頑張りましょうわーい(嬉しい顔)

IMG_1950.jpg
屋根をふいて・・

IMG_1978.jpg
ほぼ完成。ビニールはまだ暑いので外してます。

IMG_1977.jpg
うん、だいたい順調に生育中。手前からボチボチ定植時期に近づいてますヨ

っということで、今日はこの辺で〜exclamation
posted by Paradox at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業に関連すること

2011年08月13日

農業を志すひと

おはようございまーっす晴れ

今日はプチ盆休みでAM中は休みにしてます。
さて、タイトルですが、我がブログなどを見て「農業をやりたいんですが・・」という人がたまにいます。

学生、独身社会人、家庭持ち社会人・・etc.

手前味噌ながら、私は経済学部出身で一般企業の営業として過ごしてきました。
っで、3年前に就農したわけですが、このブログの始めにも書きましたが、農業に憧れて就農したわけではありません。“農業”という分野がビジネスに成り得ると思ったから就農しました。

ただ決してまだその目論見が成功したわけではありませんが、その観点から先ほどの人々の意見をお聞きすると・・

農業という分野でなにかやってみたい
自給自足をしたい。自足で余った分を売りたい
「(TVの特集を見て)農業はもうかる
安定収入を得たい
有機栽培は高く売れるので、それをメインでやりたい
都会の喧騒(人づきあい)がいや、自然に触れ合って過ごしたい
・・・etc. っというわけです。

全てに共通することですが、これらのご意見は「理想」であって、その「理想」を実現するために、ここ数年は“理想”とはかけ離れた“現実”を味わなければならないっということです。

それと、お会いして一番聞かれるのが・・「農業で食っていけますか?」
っということで、その点も踏まえ、ちょっと書きたいと思います。

例えばさっきの箇条書きをシナリオ的に書くと・・

1.安定収入もしくは、儲かるようになるためには・・農業で儲かる仕組み(販路、農法、年間スケジューリング)を組まなければなりません。
勿論、どれくらい年間通じて儲けたいのか?そのためには何をどれだけ栽培するべきなのか??
っというプランを立てなければなりません。

2.有機栽培や自然農法、自給自足は、その農法・販路(=営業力)本人の不断の努力と熱意を必要とします。また、センスも必要です。
上に挙げた3つは、どれも「非効率」極まりないやり方で、簡単に言えば「江戸時代に行っていた収量が極端に悪い農法で作った作物を、物価(生活費)が極端に高くなった現代で売っていかなければならない」といった感じです。

3.農業で儲けようとすると、原価低減か売価底上げしか手はありません。それは言うならば「人づきあい」や「人との交渉」の連続ということを意味します。

っということで、長々と書きましたが、彼らが“理想”とするやり方をやれるようになるには、これらのハードルを超えた先にあるということですネ。

私は「仕事はやりたいことをやる。」と持論としてもっているので、彼らの“理想”は尊重すべきことで、あえて「止め」はしませんが、それまでの苦労については、彼らにお伝えしてます。

だいたい、私の話を聞くと・・
「甘かったです。考え直します。」
っと言って去っていきます。
また、考え直すと言って改めて、私の所に相談に来た人もいません。

最後に私の不満というか、不服ですが・・
彼らをまがりなりにもサポートしている、公共・ボランティア・会社の人々は、よいことばかり言わず、現実に即したアドバイスやサポート(おそらく、彼ら自身がそういった「現実」を知らないのでしょうが・・)をするべきでは?っとつくづく思います。
団体によっては、助成金という「税金」を利用して運営されているんですからパンチ

では、今日はこの辺で手(パー)

posted by Paradox at 11:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 農業に関連すること

2011年06月30日

認定農業者の総会

こんばんは〜晴れ

今日は23年度の洲本市認定農業者総会に行ってきました。
私は今年認定農業者になりました。
新規登録は私以外に5名。市長から認定書を授与されました。

洲本市で認定農業者は約100名。淡路全体では約1200名ほどだそうです。
兵庫県の中でも農業地帯である淡路島なので、おそらく全国的にも地域的に多い人数なんでしょうね。

現会長や次期会長と会が終わってから色々話をしましたが、その他の人も含め色んな個性的な人々です。
色んな事情があるにせよ、このご時世にこの日本で、農業を主に生計を立てている個人事業主方々。個性的でないとやってられないのかも。。。

まぁそんなわけで無事目標の認定農業者を取得できたので、まずは一歩前進手(チョキ)

IMG_1870.jpg
会場だった、JA淡路日の出・洲本支店。 今日も暑かった。

では、今日はこの辺でグッド(上向き矢印)
posted by Paradox at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業に関連すること

2011年06月26日

記事更新やっとタイ記録!

おはよーございます。
今日は1日OFFわーい(嬉しい顔)ってことで、ゆっくりしてます。

さて、タイトルの通り2010年5月から9回/月の記録がやぶられてなかったので、毎月頑張って更新してたんですが、ようやく今月9回に追いついたあせあせ(飛び散る汗) ・・ってそれだけの話なんですが・・

っで、昨日沖物産さんへ商談に行ってましたが、担当者さんとその後ダベってたら、島菜園の大森さんがトマトの納品に来られてました。
彼は淡路市東浦で島外から新規就農されてた方です。私よりも2年ほどまえに開業されてます。

ハウスでミニトマトを栽培されており、土壌へのこだわりなどで食味豊かなトマトを作られてます。
これまで、周りの人たちから彼の噂を聞いており、私自身そうですが「我が道を行く」タイプの人のようで、好きなタイプの人間です。
以前に少し話したことはありましたが、今回少し長めにトークをしましたが、なかなか"ひとクセふたクセ"ある人物。脱サラ組でもあるので、なおさら共感する点は多かったですね。

ブログを見てみると、私が断念した「ブルーベリー」を立派に育てられてて(私はイチジクに転向しました)面白そうな活動をされてます。
また、フラっと訪れてゆっくり話をしたいなっと思いましたグッド(上向き矢印)

ということで、今日はこの辺で〜
リンク集にも貼りましたが、一応・・ 淡路の島菜園ブログ http://awajinosimasaien.blog.eonet.jp/
posted by Paradox at 12:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業に関連すること

2011年03月27日

認定農業者について

こんばんは〜。

先日再度申請していた「認定農業者」の合格通知が市から届きました。
「認定農業者」・・知らない人が多いはずです。実際私もこの農業に就くまではまった〜く知りませんでした。

さて、どんな制度なんでしょうか??
法律に定められている制度で、各市町村が各農業従事者の申請する実施可能と見なされる「経営計画」を認定し、各種支援をするという制度。
具体的には、「近代化資金」や「スーパーL資金」などに代表される低利子や無利子の融資を受けることができたり、国が定める農業に関する「助成事業」を受けることができるという物です。

私のみたいな「個人事業主」のような貧弱な資金状況(=社会的信用がない)である「事業者」にとっては、地方自治体がバックアップしてくれて、借入なんかができるよい制度です。

ただ、新聞紙上でもたまに出ていますが、この「認定農業者制度」の是非が問われているのも事実です。
今回の東日本大震災のような“天災”にあった時、大企業であれば自己資本で復旧が可能かも知れません。しかし、零細な農業従事者にとっては、「激甚災害指定」で受ける復興資金だけでは賄いきれないのもこれまた事実ですね。
そんな時に、この“誇り、将来性がある農業者”に対する「助成・支援制度」というのも、自給率などのすみやかな回復に役立つように思います。

私の場合、今のところ特に大きな「設備投資」や「近代化」を進める早急な計画はないので、この制度を利用した“借入”は考えてませんが、そういうことが出来るという「可能性」ができただけでも、心の余裕ができたように思えます。

では、今日はこの辺で〜わーい(嬉しい顔)
posted by Paradox at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業に関連すること