NOU_dialogue: 農業青年の話し合い

2014年03月04日

農業青年の話し合い

DSC_0187.jpg
せっかくなんで、皆が話し合っている所を撮ろうと思ってましたが、忘れたので終わった後帰り道の洲本川を渡る前にパチリッカメラ

実は先日、洲本農政課の課長を交え「洲本市農業青年会議」のメンバーが座談会を市役所でしました。

一応今年度は私が会長をやってまして、前からやりたかった企画がようやっと先日できました。
「洲本市農業青年会議」と大層な名前が付いていますが、その実大した活動が出来ていないのが現状です。

また、洲本の農政課へは毎回農林省から若手の官僚が出向で来ています。
せっかく「洲本市農業青年会議」と銘打って、普及所と市がバックアップしているのに、大した活動ができていないこのクラブと、せっかく中央から来ている官僚の方。。。

たまには話し合う場があっても、お互い刺激になるかなぁ〜っと思ってやってみました。

テーマは敢えて決めず、ただメンバーの皆には各々提言をあらかじめ考えてきてもらいました。

っで、結果・・
・田主と呼ばれる貯め池が多い地区独特の自治的な水利組合の現状と今後の問題点
・日本で最適な農業の規模とは?
・農家の高齢化と新規就農の困難さ
・田舎の景観を害するかも知れないソーラーパネルの普及
・色々ある助成金の使い方

等々・・
議論百出で、大いに盛り上がりました。予定時間はオーバー気味で、楽しい会となりました。

これで私の会長の年度では最後の行事。
官僚の方、若い農家、うるさ方の古株、これまたうるさ方の新入り・・そして私。
それぞれが何か刺激を受けてれば、良かったかな・・と。

ちなみに、私のわがままで開いたこの会、昼間の忙しい時間に9名も集まってくれました。
ありがと〜ございました。9名は現在のメンバー的にはMAXの人数。本当に感謝です。

では、今日はこの辺でわーい(嬉しい顔)



posted by Paradox at 01:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業に関連すること
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/88791026

この記事へのトラックバック