NOU_dialogue: 中国の暴動について・・ついつい

2012年09月30日

中国の暴動について・・ついつい

こんばんは〜

このブログにあまり政治向きの話はこれまで書かなかったんですが、あまりにヒドい現状についつい・・

私は中国の歴史が大好きで、古代から続く中国の文明をリスペクトしてます。
そういう観点からいくと、今回の騒動は悲しくて仕方ありません。

現在の騒動の発端・原因・責任について敢えて語りません。。。

紀元前からヨーロッパ・中央アジアに対して東アジア代表として、素晴らしい政治・技術・文化・思想を築き上げてきた東アジア諸国にとっては「師匠」的な国、中国。
ご多分に漏れず、そんな中国に言葉・礼儀作法・音楽・考え方など隅々まで影響を受けて来た「日本」人として、一言「師匠・・もっとプライドもってやりましょうよ」

確かに共産党一党独裁で、教育・情報統制がなされているので、今回暴動を起こしている民衆の皆さんは、我々自由主義国家の市民とはかけ離れた心理状態だとは思いますが・・

かつて「中華思想」の元に、周辺諸国へ無償に近い愛情で彼らの文化文明を教えプライドを持って指導してきた彼ら「中国」人の本当の意味での「大人な行為」とはかけ離れた、最近の騒動を見ていると単純に悲しいです。

今日はこの辺で・・
posted by Paradox at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | いいたいこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58626671

この記事へのトラックバック