NOU_dialogue: こういう人がいるから良くならない。

2012年07月16日

こういう人がいるから良くならない。

こんばんは〜
「有機農法」や「産地直売」は今流行りですが、それに便乗した人々もいます。

私は最近ここ淡路で採れた野菜を神戸に売りに行っている人に質問しました。

*1「農薬散布を否定しているようだが、農薬はそんなに悪なの?どれ程問題があるの?」
*2「都会の人たちになかば偽って、(自称)淡路で採れた安心安全な農作物を売っているようだが、自分の目と耳で確かめて売っているの?」
*3「某産直所で物を買って神戸で売っているようだが、それは転売じゃないの?」

これらの質問に対して、彼は全く満足に回答してくれませんでした。
ほとんどが「あまり考えてません」でした。。。
特に腹立たしかったのが、*3について彼が言うには・・
「産直所で買ったものは先方に言っている。だから問題ないはず」
都会の人(かつての私もそうだったが)は、田舎の産直所で売っているものを転売されてもなんとなくよい物だと思う。
中間業者が産直所で買ってそれを消費者に売るのは、道義上許せません。
”産地直売”だからです。中間業者が売っていたのでは、これまでの流通と変わりません。
でも、「産直で売ってたもの」と言われると何かいい物のようなイメージを持つ。

また、彼は農家から直接仕入れている農産物ですら自分の目で確かめたり、農家に聞きとりをしていません。
実際に私の農産物で無農薬で育てている物もあり彼に卸していましたが、彼は私の言葉だけを信じて自らの目と耳でそれを確かめていません。ちなみに彼は「トレサビリティー」という今ではごく一般的な言葉すら知りませんでした。

有機農法をされている農家さんも根拠なく「有機農法をしているから安心・安全」という風に”水戸黄門の印ろう”のようにユーザーへ誇大にアピールしている人もいます。

もちろん中間業者さん、有機農法の農家さんで真面目に取り組んでいる方々はたくさんいらっしゃいます。皆さんが全て上述のような人々とは決して言いません。

ただ、こういう人々が私の周りに実際おられるのも事実です。
悲しいそして腹立たしい現実ですね。

では、今日はこの辺で〜





posted by Paradox at 23:55| Comment(4) | TrackBack(0) | いいたいこと
この記事へのコメント
かれって、近所の彼じゃないよねー

中間業者もいろいろやからねー。
生産者としては、そうゆうひとにおろさへんってゆうことだけじゃないかなぁ。いろんな人がいるからねぇ。

お客さんにも、いろんな生産者や、いろんな業者さんがいることを知ってほしい。
Posted by あわじのしまさいえn at 2012年07月17日 00:49
流通の多くはそんなところが実態でしょうね。かつて私が関わっていた某生協も、中間業者の仕様書そのままでした。偽装が発覚したら、中間業者の責任にして切ったら終わり。
「トレサビリティ」も知らずに、「安心・安全」な「産直」野菜だって販売するのは、ほとんど詐欺の世界ですな。
Posted by okera@FAN_Club at 2012年07月17日 07:51
あわじのしまさいえnさん>
かれって、近所の彼。

この間きっぱりと聞いたら記事のような感じ。

人様のこととはいえ、許せないね。
Posted by Paradox at 2012年07月17日 20:17
okera@FAN_Clubさん>

まったくその通り。
街の人は最近の傾向から「安心・安全」「産直」に弱い。

そういう所につけこんでいるのが許せません。
Posted by okera@FAN_Club at 2012年07月17日 20:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57085719

この記事へのトラックバック