NOU_dialogue: 「戸別保障制度」に関する現地確認

2012年07月02日

「戸別保障制度」に関する現地確認

こんばんは〜晴れ

さて7月に入り2012年も折り返し地点に・・
実はこの季節はタイトルの通り「戸別保障制度」の農地の現地確認がある月です。
我が農園は2年ぶりにこの現地確認の番が回ってきました。

「現地確認」って何をするの??
春に申請した“農地利用”を本当にちゃんとやっているのか?っというのをお役所に実際に審査してもらいます。

農作物を作っているように申請して、書類上だけで戸別保障のお金をもらうのではなく「申請したように農作物をちゃんと作っているのか!?」っという具合に現地確認するわけですね。

まぁこの現地確認をするまでもなく、農地整備や作付け・土づくり等々 やらないといけないので、見てもらうのは構わないのですが、何か小学生の時の“宿題”のようで、なんとなぁく嫌な気持ちになるのは確かですね。

とはいえ、今月下旬には現地確認が始まるので、農地整備に余念がない管理者です。

では、今日はこの辺でダッシュ(走り出すさま)
posted by Paradox at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業に関連すること
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56833242

この記事へのトラックバック