NOU_dialogue: 東京からご苦労様でした。。。

2012年02月19日

東京からご苦労様でした。。。

こんにちは〜雪

ここ淡路ではそれなりに雪が積もりました。
去年は2度、そこそこ積もったんですが、今年は去年よりもマシでしょうか・・

さて、10日ほど前に2日に渡ってお客さんが圃場見学に来られました。
もちろん、私の所だけを見に来たんじゃなく、淡路島の色んな生産者さんや加工屋さんを見に来られたそうです。

第一日目:「淡路島カレー」の方々。
淡路島の食材を使ってカレーを作られており、都市部有名デパートのランチを中心に展開されているそうです。タマネギは外国産や北海道産を使われていたこともあるそうですが、最終的には「淡路島産」にたどり着いたとのこと。。。

私と先輩の2名で栽培している『タマネギ』を見に来られました。
残念なことに、この時期のタマネギ圃場は定植→活着が終わったところで、見た目的には「苗のような小さな草が生えている」ような状態です。
それでも、農家でない方々にすれば物珍しいようで、喜んで見られていました。
我々の作るタマネギや農法の特徴をその後ゆっくりと説明しました。

第二日目:「淡路島と喰らえ」を運営されている方や、その調理人の方、スタッフの方々が、当農園に来られました。

彼らは、都内で10店舗弱和食やイタリアンの店舗を展開されている方々で、淡路島の物産をメインに扱われています。
淡路島の物産について、お客さんに聞かれることも多いそうで、とても熱心に色んな質問をされました。
今回はタマネギだけでなく、当農園で栽培している「レタス、ピーマン、西洋野菜、イチジク」なんかもPRしました。

こういう風に、自分たちに関係する原材料に関して、流通などに「他人任せ」にすることなく、自分たちが調理(加工)する原材料を足を運んで自分の“目”で確かめ、生産者と対話を積極的にされる方々は、今のニーズに合ったやり方で、これからも力強く生き残っていけるんじゃないかな・・っと思います。

私個人的には、このように消費される方々に実際の生産現場を見ていただき、私と話をして頂いて、気持ちよく納得して我が「野菜や果物」を使ってもらえるとうれしく思ってます。

っと、今日はこの辺で〜わーい(嬉しい顔)

posted by Paradox at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとした営業
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/54055968

この記事へのトラックバック