NOU_dialogue

2016年02月13日

今年のジェラートの材料の準備

を徐々に進めています。

IMG_0531.JPG
梅の選定と施肥が終わり、剪定した枝を燃やしてます。
梅雨時期に大きな南高梅が採れます。無農薬で挑戦!

IMG_0561.JPG
こちらはジャガイモ畑。定番の「インカのめざめ」以外にも今年はいろいろと試してみます。


IMG_0529.JPG
っで、イチジク「ビオレソリエス」の挿し木。本当に美味しいビオレを少し増やそうと計画。

今年のジェラート素材は、実は隠し玉が2つあります。
それについては、後ほど・・

では、今日はこの辺で〜


posted by Paradox at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | ジェラートの素材

2016年02月04日

立春!!

ですね、今日は。

よくテレビで「今日は暦の上では立春ですが、まだまだ寒い日が続きます。」というコメントをよく聞きます。
私も農家になるまでは「そやなぁ〜暦ってなんか古臭い物やなぁ〜」って思ってました。

でも、「暦」っていうのは今の西洋的な「カレンダー」とは違うんですね。
”二十四節気”とか”農歴”という言葉があるように、東洋の暦というのはあくまで「栽培ごよみ」よりの「暦」なんですね。

農家になってようやく解りました。「立春」っていうのは春分ぐらいまでの「春の始まり」を示す日で、これぐらいから「春野菜」や「夏野菜」の種まきが始まるころなんですね。
だから、人間にとってまだ寒いかもしれませんが、植物にとっては立派に「春」なんですヨ。

この時期ぐらいから種まきや苗の準備をしないと、夏野菜など間に合わなくなるんですね。

IMG_0542.JPG
見にくいとは思いますが、これはホウレンソウの芽吹き。今はもうシシトウやナスの芽吹きも始まってます。

IMG_0539.JPG
冬野菜のレタスの出荷を尻目に・・

昔、中国で暦が現実の気候と合わなくなってきて、暦通り農作業をしていると「凶作」になってしまったそうで時の政府は新たに暦を作り直したそうです。

それでいくと、今も残っているこの二十四節気は現代でも十分通用する「カレンダー」なんですね。

では、今日はこの辺で〜



posted by Paradox at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 農業に関連すること

2016年02月02日

混載出荷のその後

IMG_0535.JPG
だいぶ出荷先が増えてきた、我が藤原農園と土屋農園のレタスとブロッコリー
現在営業をかけている神戸地区を中心に混載出荷しています。


IMG_0533.JPG
だいぶ雨が強かったですね。気温も程よく暖かく順調なレタス圃場


IMG_0522.JPG
雨の日は絶好の「営業日和」レタスを納品しているトコロにブロッコリーのサンプルを持ち込んでます。
こちらは無事ご採用頂きました。一度試していただけると、その良さを解ってもらえます。

土屋農園のブロッコリーは味がとにかく濃い!くて甘いのが特長です。
後、これも結構重要な点なんですが、「日持ちがする」ことです。
今月一杯でひとまず中断するブロッコリー。ぜひお試しください!
fc_iulius@yahoo.co.jp または FBメッセージを頂けると・・・

では、今日はこの辺で〜



posted by Paradox at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ちょっとした営業